FC2ブログ

01/17のツイートまとめ

2017年01月18日
carameldow

@elbormes His work might be a bizarre. Or masochism. The style is outstanding.
01-17 03:54

@elbormes I did not know Eric Stanton. But I think he is a very good artist.https://t.co/8wyIo8iiu7
01-17 03:09

@elbormes This is a picture I was planning to use as an illustration of a novel I wrote.
01-17 02:47

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

巨大フェチと多形倒錯

2017年01月18日
巨大女というのは性交不能な相手。という点から見ると、通常の性行為よりも多形倒錯のひとつして見たほうが明確になるかもしれない。子供時代は基本的に性的に不能なので、欲望の対象が正常な異性の身体に向かわない。その正体を知らず、ありとあらゆるものへと心惹かれてゆく。

という説が正しいかどうかは知らない。フロイトだし。とはいえ面白いとは思っている。澁澤龍彦氏や手塚治虫氏の作品にはそのような興味も見られる。この日記でも以前の記事でこの点に触れた。

澁澤龍彦『うつろ舟』(再掲) きゃらめる堂日記
http://carameldowblog.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

虫プロアニメラマ「千夜一夜物語」(再掲) きゃらめる堂日記
http://carameldowblog.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

手塚治虫氏の特異なエロス感覚については、「新潮」誌の昨年12月号でも特集され、すこし話題になった。

新潮 2016年 12 月号 [雑誌] | |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B01M2XD07R/

私自身の場合、巨大女フェチのもっとも強烈な体験というのは、やはり思春期の性の目覚め以前に接したメディアでの出来事になる。思春期以降忘れ去ってしまったというわけではないのだけど、直接的な異性への欲望によって、遠いバックグラウンドへと押しやられてしまった格好だった。
私の時代には、日々の妄想を強化する作品に触れる機会もなかった。遠い記憶の中の存在。

それを成人後にエロとして捕らえ直そうとしたのは、私が仕事としてエロマンガを描いていたから。
しかし当然のように、あまりに身体のサイズが違う男女間では性交は不能。なのでエロマンガとはいいつつも、挿入、射精、中出しというクライマックスを欠くものになる。

でも仕事でない場合は、べつに性交を描かなくてもいいんですよね。
多形倒錯の観点から描いたらどういうかたちになるだろう?

ブックオフ・オンラインで注文

ここへ来て急激に読書欲が沸き上がってきてしまった。作業が遅れるから本なんか読んでる余裕ないのに。しかし1冊読むと次々と手を出したくなり、ネットで古本を注文。

老後はひたすら本を読んで過ごしたいものだ。すでに買い集めたものや親の遺品だけでも読み切れないほどあるのだけど。しかしまださらに買い足す。
読み終えたら古本屋に売ったり、スキャンしてシュレッダーにかけたりして、手元にはあまり残さないようにしている。

読書

2017年01月17日
手に取った新書が読みやすくて興味深い内容だったので、そのままスルスルと1冊読み終えてしまった。今日は作業はお休みか。たまにはこういう日もある。

書名も内容もここでは書かない。
ネットより出版物のほうが優れている部分もある。本当はこういう本をベースにして、ネットで意見交換・情報交換できたらいいんだろうけど。何かもうそういうのは諦めてしまったな。いつかそういう機会も来るかもしれないけど。

普遍的な価値について書かれたフィクションやノンフィクションを読み続ける時期というのも、あったのですけど。
今年は現在の問題について書かれた読みやすい本を、多めに読むことにしようかと。2013年以来。

数えてみたら、2013年には約60冊の本を読んだようだった。じつはあまり多くないか。月に5冊くらい。まともな読書家の人たちにはまったく及ばない。ずいぶんとたくさん読んだ記憶はあったんだけどなー。

海外のパトロン型サイト

2017年01月16日
そういや前に海賊版対策で検索しててこういう記事も見つけた。
この流れが日本でも作家支援サイトとなって出来つつある感じ。

新堂エルさんがクラウドファンディングの一種patoreon.comで大成功 月額$1~で支援して特典が受け取れるサービスで、200人余りから月$4500の支援を受け取る。$1000以上の支援者で東京近郊の人にはご本人が"f@ckin cake"を焼いて渡してくれる特典付き : newsokur

https://www.reddit.com/r/newsokur/comments/3aiem0/%E6%96%B0%E5%A0%82%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8C%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E4%B8%80%E7%A8%AEpatoreoncom%E3%81%A7%E5%A4%A7%E6%88%90%E5%8A%9F/

自分がどうしてもためらう部分というのは、「出来ない約束はしない」という鉄則を守りたいからかな。

せっかく月刊ペースの商業誌ではなくて、自分のペースで制作できる同人作品に取り組んでいるのですから。毎月の特典をお約束して自分を縛るのはやはり考えてしまう。
といいつつ。せめて年2回のコミケと同じくらいのペースで新刊を出さないと、遅すぎるのではないかとは思うのですが。

クラウドファンディング

2017年01月16日
正直なところいまだにFantia、Entyのコツが分からなくて試行錯誤をしている。年だな。なかなか新しい理念が飲み込めない。だから勘ではなく理詰めで考えていく。
お金を払ってコンテンツを得るという1回きりの取引なら、お金を払わないでコンテンツを得るという海賊版でもいい。
出発点はここにあるのではないかと仮定する。

月額課金システムというのが、私がいちばん分かっていない点なのだが。月額課金が上手く機能すれば、1回きりの取引に留まらない価値が発生するはずだ。
ここにコンテンツビジネスの新しい価値がある。ではどういうものだろう。

と思っていたら、Amazonでとある本のレビューを見かけた。これは大変興味深い。

Amazon.co.jp: 〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則の 古舘 健さんのレビュー
https://www.amazon.co.jp/review/R3UYA37CN7447R/

この本は読んでみようかな。

リベラル

最初に表現規制問題に理解を示してくれた政治家のほとんどはリベラル、左派の人たちだったし、2009年の衆院選挙ではリベラル側支持のオタクだって多かったはず。
それが震災後しばらくして、人工知能学会の表紙問題が持ち上がった頃から雲行きがおかしくなって行ったような気がしている。

01/14のツイートまとめ

2017年01月15日
carameldow

【サイト更新】 きゃらめる堂◆M-trinity : 挿絵付き小説について https://t.co/23Pg68y0O4 https://t.co/4Icwbq7FCX
01-14 14:29

【サイト更新】 きゃらめる堂◆M-trinity : 桃代と久里夫の物語 https://t.co/O6fS3oqNyg https://t.co/Aw4MHTSpVo
01-14 02:34

壁打ち

2017年01月15日
こういう壁打ちタイプの独り言はTwitterあたりでダラダラ垂れ流すのが向いてると思うんだけどな。前はそういう人もわりと多かったし、ぼんやりと眺めるのも面白かった。
変化のリズムかな。話題が脈略なく飛ぶのだけど、また戻ったりして、ダンスのような軌跡を描く。そうか。独りダンスみたいなの。

Twitterは告知と創作関係だけの話題に絞ろう。過去に何度もそう決意はしたのだけど。

海賊版

「同人誌の英語版を出すのなら、海賊版で出回っている英文を使ってしまったらどうか?」というご意見をいただいた。それもそうだな。誰も損はしないはずだ。

というか、もうネットを始めた頃の大昔から思っていたのだけど。翻訳能力があるのなら海賊版など作らないで、作者に翻訳文を提供してくれればいいのに。
と思って、もうウンザリするほど出回っている私のマンガの英語海賊版を落としに行ったところ……。

あー、何かヘンなポップアップが立ち上がって電話しろとか書いてあるんだけど、何だよこれはーッ!?(怒)

タスクマネージャー起動して、ブラウザをシャットダウンしたけど。
こういうのがあるからアングラとか違法サイト嫌なんだよな。実写エロも基本的にはDMMさんしか使ってないし。昔に比べたらずいぶんと課金モデルも整ったと思うんだけどな。そこそこ安いし。

ひとりきりではダンスは上手く踊れない

ダイソーのボア付き室内サンダル400円

2017年01月14日
ここ数日足下が冷えて冷えて仕方がないので、何か暖かそうな履き物はないかとダイソーへ出かけた。
これはかなり暖まると思う。ただし少し蒸れるかも。水虫とかある人は、こういうのどうなんだろう。

最近のダイソーは100円の商品だけではなくなったようだ。ときどき当たりもある。
ベランダで履いてる200円のサンダルは軽くて足によくフィットする。

しかし100円のヘッドフォンは細いところがパキッと折れてしまった。どうせ安物なんだから迷わずゴミ箱へ直行。そして同じものをまた買った。音質は不明。AVとかPCで見るとき、音が外に漏れないように使うくらいですし。

中国のネット通販

NHKスペシャル 巨龍中国「14億人の消費革命~爆発的拡大! ネット通販~」という番組を流しながら作業。NHK-BSばかり見てる。料金の徴収システムは疑問だし、ネットでも批判の的になっているのはもちろん知っているんだけど、他に見る番組がないんだよね。

でもって、中国の若い人はネット通販で起業しているそうだ。マーケット大きいもんなあ。といいつつ。就職難でこれしか選べない若者も多いとなると、話はやはり厳しいものになってくる。

物販アフィリのもう少し本格的な形態といった感じでしょうか。ネットショップばかりが集まった地域があり、そこの問屋街で実際に商品を選ぶ。お客さんからの問い合わせなどにも電話対応。
何の保障もないし参入障壁もないし、ただ競争あるのみ。競争は熾烈。サービス競争、価格競争。売れる人は売れるし売れない人はまったく売れない。ネットビジネスってこういうのが多いな。

「アリババ」とか「タオバオ」とか、システムを作った人は時代の寵児となって大儲けしてるそうだ。楽天みたいな感じなんだろうか。

オバマ

ここに来てようやく批判が出始めたようだ。
アメリカへの批判はさんざん見かけたのだけど、オバマ自身への批判はあまり見かけることがなかった。よくよく考えてみれば不思議な話だ。そういう報道方針だったんだろうか。

しかしオバマ本人はともかく。個人的に大変気にかかるのはその支持者層。
大統領選でのドナルド・トランプ勝利を受けて、過度なポリティカル・コレクトネスへの反発という要因がクローズアップされた。

オバマが高い理想を語り、美しい演説をするチャーミングな人物であることは、同時に、選民意識と生真面目な狂気を秘めた集団に取り巻かれる要因にもなり得る。彼らの不寛容な本性が露わになったのは、選挙戦にてヒラリー敗退が決定的となったとき。その姿は、わが国での一部リベラル層の狂気にも酷似していた。

ここ数年の懸案にすうっとひとつ筋が通ったような、そんな見通しを得た気がした。

セクシスト、レイシスト、ヘイトスピーチ、ポリティカル・コレクトネスなどの聞き慣れない言葉のセットは、どうも欧米リベラルが本家本元みたいだ。ここがわからなかった。
知ってたならもっと早く教えてほしかったなあ。

01/13のツイートまとめ

2017年01月14日
carameldow

RT @clip_celsys: iPadをMac用の液晶ペンタブレットとして使用できるアプリ「Astropad」の新製品「Astropad Studio」(英語版のみ)がリリースされたそうです。https://t.co/x7Enjp5y6D https://t.co/qbQp
01-13 13:23

メーラー(Becky!)で突然Outlookのメールを受信できなくなった。調べてみたところ、pop、imap、smtpのサーバー名が変更していた様子。そこだけ修正したら復帰した。というかこういうのはアナウンスしてほしい。
01-13 11:16

@elbormes Yes!
01-13 11:12

映像の世紀

2017年01月13日
NHK BSの映像の世紀を見てたら何度も流れてくるので、何だか気に入ってしまった。カッコイイですよね。

加古隆クァルテット『パリは燃えているか [Takashi Kako Quartet / Is Paris Burning]』


ところで番組自体がYoutubeにバンバンアップされてるんだけど、これいいの?
NHKの番組は受信料をすでに徴収してるんだから、ネットで無料で視聴できるようにしてほしい気はするんですけど。
 | HOME | Next »